「主婦」と「風俗嬢」。どちらの立場の方がお金を借りやすい?

このケースはかなりグレーですね。
正直風俗勤務の評価はかなり消費者金融では低いです。

 

理由は簡単です。
風俗は離職率が高いからです。

 

確かに貰える給料は断然風俗の方が良いです。
風俗が悪いと言ってしまえばそれまでですが、風俗で働いて生計をたてている人もいますからね。

 

まとまったお金を手に入れるチャンスが、風俗にはあります。

 

主婦で風俗勤務でお金を借りる場合、風俗を取るか?主婦を取るか?
どちらでもいいのですが、専業主婦になりすました方が借りられるお金は多いかも知れません。

 

専業主婦の場合、銀行系カードローンでしか借りる事は出来ませんが、最大で50万円。
殆どの銀行系カードローンは、専業主婦に対しての貸し出し金額はマックス30万円の所が多いです。

 

風俗で借りようとした場合30万円も借りられないと思います。
10万円から20万円しかも絶対に借りられる確勝はありません。

 

ここが難しい所です。何処で割り切るかが重要になってきますね。

 

風俗には悪いイメージがある。主婦としての方が通りやすいかも

しかし、風俗の社会的評価は非常に厳しい物が依然として根強いです。
この問題は恐らく何年経っても同じでしょう。

 

その為風俗で働く人は肩身の狭い思いをしなくてはいけません。
仕事に変わりはないのですが、ダークなイメージが風俗には付きまとっています。

 

その為、主婦としてお金を借りた方が断然良いですね。
専業主婦の場合はイメージも何もありませんからね。

 

主婦で風俗勤務。
どうしても風俗のイメージは良くないです。

 

他人に風俗で働いているとはとてもじゃないですが言えないですからね。
恐らく現在の社会が、WEB申し込み主流じゃなければ、風俗としてはお金を借りる事はないでしょう。

 

対面与信で、風俗勤務とはとても言いづらいですからね。
WEB社会に恵まれている印象ですね。

 

お金を借りるのにはどちらでもいいのですが、普通に考えれば専業主婦でお金を借りた方がいいでしょうね。

 

精神的負担が主婦の方が圧倒的に楽です。
お金も借りやすいですからね。

 

☆断らない消費者金融。水商売・キャバ嬢歓迎☆ TOPに戻る