キャバ嬢だったらいくら借りれる?職業と借入額の関係

キャバ嬢 いくら借りれる

消費者金融にはお金を貸す際に、属性と言う物も見ます。属性とは職業によってランク付けしている物です。
上から順に、弁護士→医師→国家公務員→上場企業社員→会社員。こんな感じで優先順位がついています。

 

キャバ嬢の評価はかなり低いです。何故ならキャバ嬢の場合安定継続収入ではないからです。

 

キャバ嬢がいくら借りれるか?ここが最大の焦点です。キャバ嬢は毎月給与が違います。
お金を借りれるか?答えは借りられますですが、必ず3か月分の給与明細は見ますね。

 

これは会社によって違ってくるのでしょうが、例えば、100万・20万・50万これが過去3か月の給料だとすると、ここで収入として認定されるのは最高額の100万円ではなく、最低額の20万円です。

 

20万円からの算出ですから、年収にすると240万円です。100万円を認定すると1200万円。物凄い金額の差がここに出て来ます。240万円の総量規制のお金の融資範囲内は72万円。一つの消費者金融でキャバ嬢が融資を受けられる金額は20万円が妥当です。

 

キャバ嬢が消費者金融で借りられる金額は20万円程度が妥当

キャバ嬢でいくら借りれるか?答えは先述の通り20万円が妥当です。それ以上お金を借りれる人はお金を借りにきません。それだけお金を安定してたくさん貰っていると言う事ですね。

 

キャバ嬢がいくら借りれるか?と思うのは自分の仕事に対して信用度がどれ位あるかわからないからです。残念ながらキャバ嬢の立ち位置は厳しい所にあります。今はWEB申し込み主流です。

 

その為、キャバ嬢も、身分を全て明かさなくても借りようと思えば借りれますが、それは在籍確認をしない会社に限定されてしまいます。

 

対面与信ならキャバ嬢の素顔を暴く事は簡単に出来ます。今はWEB申し込みですから、ごまかしがきいてきます。しかし所詮ごまかしたものは、自分の首を自分で締めるような物です。ごまかしはその場凌ぎにしかすぎません。

 

最終的には馬脚を現すのが席の山です。真実に勝る物は他には何もありません。真実は全てを語ってくれます。真向勝負していく事が最善策であるのはここで書くまでもありません。

 

☆断らない消費者金融。水商売・キャバ嬢歓迎☆ TOPに戻る