水商売・キャバ嬢でも借り入れを断られない消費者金融はあります

水商売 お金が借りれる

今の時代、水商売をしている人が増えています。
ひと昔前までは『水商売=やってはいけない危ない職業』というイメージがありましたが、現在ではそうしたイメージはかなり払拭されました。

 

小学生の憧れ職業ランキングにもキャバ嬢がランクインしているほど、水商売は世間的に認められ始めているのです。

 

しかし、少し困ることもあります。
水商売は、収入が安定しない職業です。中には固定給でもらっている人もいるかもしれませんが、そんな人はほとんどいません。大多数が売り上げや働いた時間によって大きく給料が変動します。

 

稼げる額が大きい分、ほんの少しのことで大きな給料の差が毎月出てしまうのです。

 

そのため、貸金業者からお金を借りにくいというデメリットがあります。
水商売は、他の職業よりも自分で支払わなければいけない仕事のための出費がとても多いもの。どれだけ稼いでいても、「お金が足りない!」という上京に陥ることがあるでしょう。

 

銀行からはどんなにがんばっても借りることができません。
そのため、消費者金融でお金を借りる必要があります。
とは言っても、消費者金融でも水商売であることを理由に断ってくるところもあります。

 

断られず、確実にお金を借りるには、どうすればいいでしょうか?ご案内いたします。

 

お店からの前借り(バンス)はしない方がいい!?

水商売 バンス

水商売の人はお金を借りにくいということは、お店の経営者も重々承知しています。
そのため、多くのお店が給料の前借り制度を導入しています。俗に『バンス』と呼ばれています。

 

キャバ嬢のキラキラした雰囲気に憧れて好きで水商売に参入する人ももちろんいますが、お金がなくて仕方なく水商売に・・・という人もいます。
入店してすぐに「お給料を前借りさせてください」と頼む人もいるぐらいです。

 

その店とその人の関係性にもよりますが、多くのお店では前借りさせてくれます。
むしろ、そうしたお金に困っている人を呼び込むために、求人情報欄に『バンスOK』と書いているお店もあるぐらいです。

 

しかし、このバンス制度。あまり利用しない方がいいともっぱらの噂です。

 

バンス制度を利用してお金を借りると、ほとんどの場合利子もつけられませんし、キャッシング会社でお金を借りるよりもとってもお得な感じがします。
貸してくれる時はにこにこしてくれていますし、「私、いいお店に入ったな〜」なんて思えるかもしれません。

 

ところが、バンスをした後に働いていて、「バンスをしなければ良かった」と思う人は少なくありません。

 

「お金を借りている」ということを逆手に取られて、無茶な営業をさせられたり、ノルマを高く設定されたりということがあります。お給料から返済を多く天引きされるので、毎月のお給料も目減りしてしまいます。

 

何より、「やっぱりこの仕事を辞めたい」と思った時に、バンスの残債が残っていると辞めさせてもらえません。

 

よっぽど困っていて、水商売をずっと続けていく覚悟がない限り、お店でお給料を前借りするのはやめておきましょう。

 

お金を借りるためには、収入証明無しOKの消費者金融を選ぶ

水商売 収入証明なし

水商売をしながら消費者金融からお金を借りるためのコツは、何と言っても「収入が安定している」と言い張ることです。

 

別に、水商売だから審査落ちするというわけではありません。
「水商売は収入が不安定だから返済能力がない」と思われて審査に落ちてしまうのです。

 

なので、1番良かった月の収入×12ヶ月にして「年収」と言い張ってしまいましょう。
収入証明が必要な消費者金融だとこうした行為はバレてしまいますが、今では収入証明を必要としない消費者金融があります。

 

そうした消費者金融を狙って、お金を借りるんです。
こうすれば、断られることはそうそうないでしょう。

 

もしお店の人が協力してくれるのであれば、給与明細を多めに書いてもらってもいいですね。

 

入社した会社の給料が激安だったのが水商売を始めたきっかけです

水商売 お金を借りる方法

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
ここまで読んでいただいたということは、「こいつ、何だかグレーなことを言ってるな」と思われているでしょう。

 

そうしたことを書いている自覚はあります。
だけど、ちゃんと返済する意思があるのに、返済できるだけの収入は絶対に確保できるのに、水商売だから借りられないというのはとても悔しい気持ちになります。

 

私自身、長年水商売を続けています。高卒で入社した会社はお給料が激安。友達との付き合いを続けるにもお金に困るほどでした。

 

どうしても友達に「お給料が安いから参加できない」とは言えず、海外旅行の約束をしてしまったのが水商売に身を投じたきっかけです。

 

最初はバンスを利用してお金を用意しようと思っていましたが、先輩に「バンスで精神を病んだ女の子がいた」という話を聞かされてやめました。
ここで書いた話は、その先輩が教えてくれたキャッシング術です。

 

先輩が良くしてくれたおかげで私は大きな悩みを抱えることもなく水商売を続けていくことができ、最終的に会社の方を辞めてしまいました。
テレビドラマやマンガのおかげで水商売に対する風当たりが優しくなったのも、水商売一本でやっていこうと思わされた理由の1つです。

 

現在では、自分のお店を持って水商売を続けています。
私と似た境遇の人たちが困らないように、私がみんなの『先輩』になれたら嬉しいなと思ってサイトを立ち上げました。